ホーム > 施設のご案内

施設のご案内

フロアマップ

1階

1階は主に診察室・検査室・リハビリ室などの外来施設があります。
CT・MRI等充実した検査設備で、疾患の早期発見・早期治療に努めます。(検査器機についてはこちら)

2階~4階

2階~4階は病室等、入院施設になります。

検査器機のご紹介

一般撮影

  • デジタルX線撮影により低被曝で鮮明な画像が可能。
  • 1年間に地上で浴びる自然放射線被曝量(1mSv=1000μSv)よりも少ない被曝量にて撮影が可能。さらに、検査後すぐに画面上で過去の画像と比較可能。

骨密度

  • 低被曝で腰椎・股関節にて骨の強度を測定。
  • 検査時間目安:約10分
  • 1年間に地上で浴びる自然放射線被曝量(1mSv=1000μSv)よりもはるかに少ない被曝量にて(30~70μSv)測定が可能。

CT

  • 胸部・腹部等を短時間で撮影可能。
  • 検査時間目安:5~20分
  • 低線量胸部(肺癌検診目的)検診CTを行っており、通常の胸部CTの被曝量は5~6mSv程ですが、約半分の線量にて撮影が可能。

MRI(オープン型)

  • オープン(開放)型MRIのため圧迫感の少ない検査が可能。
  • 放射線による被曝の心配はありません。
  • 検査時間目安:30~50分(検査の種類に異なります)

CT・MRI検査で分かる主な疾患はこちら

ページの先頭へ戻る